Daoko
だをこ
1997年生まれ、東京都出身。アーティスト。

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。
2013年、16歳にしてm-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。
2014年公開映画「渇き。」では中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢。 同年、庵野秀明氏率いるいるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3弾作品「ME!ME!ME!」の音楽を TeddyLoid と担当。世界各国から大きな注目を集める。
そして、2015年3月女子高生にしてTOY’ SFACTORY から1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。 同年8月には渋谷WWW での初ワンマンライブを行い、チケットは即日完売となる。10月にDouble A Side 1st シングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」、吉崎響 × DAOKO 企画スタジオカラー制作のアニメーションミュージックビデオ「GIRL」発表。 同月、児玉裕一監督によるMUSIC VIDEO「ShibuyaK」で初の顔出し出演しブラインドしていた彼女のその全貌が明らかになる。
2016年1月、DAOKO THE FIRST TOUR、東京 渋谷TSUTAYA O-EAST 公演を完売。同年4月、注目を集める4人の新世代クリエイター「PALOW×吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL2016年度新CMとCMソングを制作、またReebok CLASSICのイメージムービー“Reebok CLASSIC Furylite WEB Movie”に出演。 さらに、Cygamesの2016年新TVCMに「もしも僕らがGAMEの主役で」が決定。9月にはTriple-A Side 2nd Single「 もしも僕らがGAME の主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」を発売。 2016年ツアー”青色主義” 、2017年“青色時代” ツアーを行いともに大成功を収める。
2017年は制作統括・音響監督を庵野秀明氏が務める初のテレビアニメーションNHK BSプレミアム アニメ「龍の歯医者」に挿入歌『かくれんぼ』を楽曲提供。 4月スタートのTVアニメ「神撃のバハムートVIRGIN SOUL」のエンディングテーマに「拝啓グッバイさようなら」を、7月には同アニメのエンディングテーマとしてDAOKO 作詞作曲、編曲を江島啓一(サカナクション)が手掛けた「Cinderella step」を提供。 そして8月に映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌 ”DAOKO × 米津玄師『打上花火』”を発表。『打上花火』はYoutubeでMVが6億回(2024年5月現在)視聴、4週連続iTunesソング・ランキング1位、サブスクリプション音楽配信サービスでも軒並み1位を獲得し14冠という快挙を成し遂げる。 10月には4thシングル DAOKO ×岡村靖幸「ステップアップLOVE」を発売し、TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」のエンディング・テーマ曲に起用される。
2018年、小林武史プロデュースによる楽曲「終わらない世界で」が、同年9月にサービスが開始された任天堂 /Cygames によるアクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロストTM』主題歌に起用される。12月には待望の3rdアルバム「私的旅行」を発売。年末、第69回NHK紅白歌合戦に出場。
2019年6月 個人事務所「てふてふ」を設立。
2019年7月に ”DAOKO × MIYAVI『千客万来』”が、蜷川実花監督による映画『Diner ダイナー』の主題歌に決定。さらに同年9月には映画「かぐや様は告らせたい」の挿入歌に『はじめましての気持ちを』を提供。同年8月にはアコースティック編成でのライブ"enlightening trip 2019”を行う。
2020年には新たなバンド形式でのツアー "二〇二〇 御伽の三都市 tour”を開催し新境地を開拓する。
2020年6月 DAOKO 4th ALBUM「anima」をリリース。2021年に同作を背負っての "A(nima)HAPPY NEW TOUR 2021”を行う。
2021年6月に自主レーベル「てふてふ」から初のEP『the light of other days』を配信リリース。同年11月には草月ホールにて"Daoko Live Unplugged in 草月ホール”を開催。
2022年5月、作曲・編曲に網守将平が参加し、新作RPG『メメントモリ』に書き下ろした最新曲「燐光」をリリース。
同年11月には、活動10周年を記念する「Daoko 10th Anniversary Live Tour 2022」を実施。
また、2023年4月より数年来のDaokoツアーバンドメンバーを中心とした、新バンド「QUBIT」のVocalとしての活動もスタートし、ソロと並行し新世代のバンドサウンド構築にも精力的に取り組んでいる。
2023年6月には劇場版「美少女戦士セーラームーンCosmos」の主題歌「月の花」を提供。
2023年11月には、RPGゲーム「メメントモリ :のゲームサービス1周年を記念した書き下ろし楽曲「Allure of the Dark」をリリース。
同年12月に日本科学未来館の新たな常設展示「ナナイロクエスト」のテーマソング「ナナイロクエスト」をTomgggと共に制作。
2024年5月22日に約4年ぶりとなる通算8枚目のフルアルバム『Slash-&-Burn』が発売!

音楽活動の一方、2017年に小説「ワンルーム・シーサイド・ステップ」を執筆しKADOKAWAより刊行。 自主企画ライブイベント「チャームポイント」主催。2022年3月31日~4月13日の2週間に渡りGINAZ SIX 5F「Artglorieux GALLERY of TOKYO」にて初の絵画個展 “the twinkle of euphoria”の開催。蜷川実花監督の「ホリック xxxHOLiC」実写化映画(2022年4月29日公開)では女優業に挑戦するなど、音楽活動を中心にしながら多様なクリエイティヴ表現を続け、国内外で注目を浴び続けている。

DAOKOに関するお問い合せはこちら
PAGE
TOP

MENU